京都の設計事務所「齊藤誉征アトリエ」の日記です。
by a_takayuki_saito
カテゴリ:建築( 67 )
家は冬をむねとすべし
a0170251_10501840.jpg
週末の寒波で京都市内も雪が積もりました。

休日でしたのでカメラを持って、以前から気になっていました
下鴨神社摂社の河合神社にある復元住宅を見に行ってきました。
a0170251_10543042.jpg
鴨長明が住んでいたと云われる、方丈庵です。
時間が早かったのか、内部が見れなかったのは残念です…。

まだ、家の作りようは、夏をむねとすべしと言われていた時代…。
恐らく当時は温暖な気候で今よりずっと過ごし易かったのでは思っています。

今は夏の暑さは、空調や換気扇でどうにかなりますが、
冬の寒さ、特に京都の底冷えはどうすることもできません…。

省エネ法も、2年後の2020年には
住宅規模の物件でも省エネ申請が必要になってきます。
断熱はしっかりとして、デザインはスッキリと、今後の設計の目標です。
(津島)




[PR]
by a_takayuki_saito | 2018-01-16 10:48 | 建築
6mのサペリ材
新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。



と、年始の挨拶もほどほどに、歯科クリニックの現場に。。。

最終調整が必要な部分はありますが、何とかオープン予定日に間に合いそうな感じです。
既存の鉄骨4階建ての建物に、鉄骨3階建ての建物を増築し、内部を繋げるという複雑な工事でした。残工事もありますので、もう少し頑張ります。


その中で、楽しみにしていた研修室の長机がようやく姿を現しました。
a0170251_02034603.jpg
a0170251_01560660.jpg

昨年、滋賀県の山宗銘木さんに伺い、買い付けたサペリ材です。
長さ6m超、幅1m、厚み150mmで、30年もの間、乾燥保存されていたもので、一目惚れに近い形でこれに決定しました。
スペースの関係上、耳は落としたのですが、木目は本当に綺麗です。
表面は、要求される性能上、ウレタン塗装をかけています。


倉庫で見せていただいた際は、下の写真のような感じでした。
a0170251_01560661.jpg
a0170251_01560727.jpg




倉庫の中には他にも魅力的な木材がたくさんストックされていました。
また機会があれば使ってみたいですね。。。


a0170251_01560788.jpg




..

[PR]
by a_takayuki_saito | 2018-01-08 02:04 | 建築
愛媛県のプロジェクト
愛媛県にちょこちょこ出かけています。
少し現実味を増してきたプロジェクトの為です。

スタッフには悪いなと思いながら、いつも打合せ前後に松山城や道後温泉、美術館などに寄り道し、心身のリフレッシュを図っています。
a0170251_23591387.jpg

平日休日関係なく働いているので、時には息抜きをしててもスタッフに怒られないかな、、、と。。。

a0170251_23591994.jpeg

京都や大阪と違って、集合住宅を計画するにしても、敷地が広く、横方向の展開ができる点がプロジェクトを興味深いものにしているのだと思います。
アイデアを2つまで絞り込みました。どちらになっても心地よい空間をもつ建築になると思います。楽しみです。




..


[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-12-23 00:17 | 建築
美山町計画
a0170251_13154493.jpg
美山町で計画が進んでいる飲食店のイメージパースです。

先日の打合せでは、パースを見て頂きました。
平面図や断面図だけでは、なかなかイメージを共有することが難しいのですが、
パースを見て頂くことでイメージを共有できたと思います。
(打合せ時は着色したパースを見て頂きました。)

図面だけでは出てこなかったご要望が新たに出てきたり、良い打合せになってと思います。

設計終盤、そろそろ図面のまとめにかからなければ…。
(津島)

[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-12-21 13:24 | 建築
町家ゲストハウス_竣工写真
町家ゲストハウス、竣工写真のセレクトをしています。

外国人宿泊者を意識し過ぎたか、普段よりデザイン要素が強めです。
できるだけ古材建具やお庭が目立つように、色合いを抑えたりしていますが、、、
a0170251_00533672.jpg

宿泊施設の場合、手荒に扱われたりする恐れもありますので、素材の選択には気を使っています。
また、既製品や壁紙を使うところ、そして、わかりやすいところにリモコンやコンセント類をつけたところもそうです。



何度も改装され、ひとつのストーリーでは語れなくなった建物をどのように蘇らせることができるか、そんなことにチャレンジした町家ゲストハウスでした。


[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-12-19 01:08 | 建築
大理石の床 その後
大阪市内の住宅の大理石床、以前のブログで20mmのスラブ材から模様が続くように切り出している、というところまでこのブログでご紹介していましたが、、、ようやく施工段階に入りました。

施工まで時間がかかっていた理由は、、、目地無しの施工、です。
50畳近いLDKの床ですが、全体を目地無しで仕上げようとすると、最初に張った石材のほんの少しのズレが最後の方にはとても大きなズレに、ということで、丁寧に丁寧に張り進めています。
a0170251_00485218.jpg
上が切り出す前のスラブ材の状態、そして、下が床として張った状態です。
a0170251_00380900.jpg
a0170251_00381680.jpg
全面張り終えてから、最終、表面を磨き、撥水処理をします。
壁面での目地無し施工は見かけますが、床でこれだけの規模は初めてです。
非常に楽しみです。





[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-12-09 00:50 | 建築
京都市景観法の屋上緑化

京都市内で計画中のマンションの景観法の事前協議が終了しました。

勾配屋根にするか、パラペット形状にするかは、全体のプロポーションを色々検討してパラペット形状に決定しました。

景観法が出来た頃は、パラペット形状にする場合は、屋根のボリュームを緑化で補うような指導があり、???と思うところがありましたが、
最近はそれではおかしいと気づいたようです。初めからわかるようなものですが…

下のパースは以前の京都市の指導内容です。
a0170251_16574133.jpg
取りあえず、こちらが思っていた意匠で進められそうなので安心しました。
(津島)

[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-12-04 16:48 | 建築
建築概要書
改修工事の下準備で、建築概要書を確認するために、京都市役所に行ってきました。

建築概要書は、既存建物の建築基準法上の枠組みや確認申請・完了検査の有無などの確認に使用します。
古い建物の場合は、確認申請書を紛失していたり、申請状況がうやむやになっていることが多いため、アトリエでは始めに確認するようにしています。

今回は、確認・完了検査共に適合しておりましたので、一安心。

帰りにふと外を見ると、市役所の分庁舎の工事現場が目に入りました。
a0170251_14132298.jpg
a0170251_14131620.jpg
地階2階と免振工法のため、かなり深い掘削になっています。
難易度も高いと思いますが、キレイな現場に見入っていまいました。
(津島)


[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-11-28 14:02 | 建築
石の教会・内村鑑三記念堂
岐阜まで石材を見に行ったついでに、、、ついでにしては遠すぎますが、軽井沢まで足を伸ばし、石の教会・内村鑑三記念堂を見てきました。残念ながら教会内部は撮影禁止でしたが、入ることは出来ました。

1988年竣工の建物ですが、自然への溶け込み方を見ていると、もっと古くからそこにあるような気もするぐらいです。

ちなみに、私自身が設計している建築は「すっきりモダン系」が多いのですが、実はこういった有機的な形状の建築や、教会建築、モスクといった宗教建築が好きという、、、何故でしょう、自分でも不思議な感じです。。。 設計のお仕事はクライアントあってのお仕事ですので、こういった有機的な建築がお好みの方がいらっしゃったら、ぜひお声がけください、とても喜んで設計いたします。


a0170251_00423054.jpg

a0170251_00375821.jpg
a0170251_00410491.jpg
a0170251_00410892.jpg


撮影できなかった教会内部の方が、アーチの重なりが非常に綺麗です。。。




最後に、八ヶ岳小淵沢にある女神の森セントラルガーデンに寄って帰って来ました。往復1000km、ひさびさに長距離運転しました。。。

a0170251_00411282.jpg




..


[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-11-27 00:33 | 建築
フレンチビストロ内装 
a0170251_01501875.jpg
外側のアーチ状の格子の造作、あと一歩、、、チェアは入りました。あと若干の調整で完成です。




[PR]
by a_takayuki_saito | 2017-11-23 01:54 | 建築