京都の設計事務所「齊藤誉征アトリエ」の日記です。
by a_takayuki_saito
町家ゲストハウス_竣工写真
町家ゲストハウス、竣工写真のセレクトをしています。

外国人宿泊者を意識し過ぎたか、普段よりデザイン要素が強めです。
できるだけ古材建具やお庭が目立つように、色合いを抑えたりしていますが、、、
a0170251_00533672.jpg

宿泊施設の場合、手荒に扱われたりする恐れもありますので、素材の選択には気を使っています。
また、既製品や壁紙を使うところ、そして、わかりやすいところにリモコンやコンセント類をつけたところもそうです。



何度も改装され、ひとつのストーリーでは語れなくなった建物をどのように蘇らせることができるか、そんなことにチャレンジした町家ゲストハウスでした。


[PR]
# by a_takayuki_saito | 2017-12-19 01:08 | 建築
a0170251_01501771.jpg
今日は、この冬一番の寒さになりましたね。
家から出るのも嫌になるくらいの寒さでしたが事務所の前の川では、なんと!
鴨が泳いでいるではありませんか!!

この寒さのなかで、見ているこちらが心配になるくらい…。

今年もあとわずか、風邪などひかないように気を付けていきましょう!
(津島)




[PR]
# by a_takayuki_saito | 2017-12-12 11:44 | その他
大理石の床 その後
大阪市内の住宅の大理石床、以前のブログで20mmのスラブ材から模様が続くように切り出している、というところまでこのブログでご紹介していましたが、、、ようやく施工段階に入りました。

施工まで時間がかかっていた理由は、、、目地無しの施工、です。
50畳近いLDKの床ですが、全体を目地無しで仕上げようとすると、最初に張った石材のほんの少しのズレが最後の方にはとても大きなズレに、ということで、丁寧に丁寧に張り進めています。
a0170251_00485218.jpg
上が切り出す前のスラブ材の状態、そして、下が床として張った状態です。
a0170251_00380900.jpg
a0170251_00381680.jpg
全面張り終えてから、最終、表面を磨き、撥水処理をします。
壁面での目地無し施工は見かけますが、床でこれだけの規模は初めてです。
非常に楽しみです。





[PR]
# by a_takayuki_saito | 2017-12-09 00:50 | 建築
紅葉・南禅寺の夜間ライトアップ
こんにちは!堂川です!

そーいえば、11/24に南禅寺の夜間の紅葉ライトアップを見に行ったことをblogにまだアップしていなかった
ことを思い出して、写真を何枚かアップしました。

待ちました、チケット購入するのに50分近く。
並んだばかりの時は列が長すぎてチケット売り場がどこにあるのかさえみえません!
心が折れそうでしたが、頑張りました。
結論、ものすごくよかった!感動した!

境内の紅葉をみ回っている間、
日常生活の中で知らず知らずに溜まった心のもやもやが少しずつ晴れて、心が静まっていくのがわかります。

a0170251_12202134.jpg
a0170251_12195722.jpg
a0170251_12202873.jpg

[PR]
# by a_takayuki_saito | 2017-12-06 12:39 | ゲストハウス
京都市景観法の屋上緑化

京都市内で計画中のマンションの景観法の事前協議が終了しました。

勾配屋根にするか、パラペット形状にするかは、全体のプロポーションを色々検討してパラペット形状に決定しました。

景観法が出来た頃は、パラペット形状にする場合は、屋根のボリュームを緑化で補うような指導があり、???と思うところがありましたが、
最近はそれではおかしいと気づいたようです。初めからわかるようなものですが…

下のパースは以前の京都市の指導内容です。
a0170251_16574133.jpg
取りあえず、こちらが思っていた意匠で進められそうなので安心しました。
(津島)

[PR]
# by a_takayuki_saito | 2017-12-04 16:48 | 建築